スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日でおわかれ…
写真は先日よくお世話になっているディレクターさんに里子に出す事になったCB400君に、最後に跨るの図です。

400君に初めて会った時は、重さと大きさに戸惑い…、
ウィンカーを出すのさへワタワタして…、
スパルタマネージャーの鬼の叱咤に、涙を滲ませ握りしめたグリップも…、
苦手な右折を克服する為の特訓では、「出来ないかもっ!」と一瞬迷った瞬間、ハンドルを切り損ねて転倒させてしまい、コンクリートの上に散乱したウインカーや、メーターカバーの欠片を泣きながら拾い集め…、
免許取り立て一週間で、いきなりのせられた高速で、凍えた足を暖めてくれたタンクも…、
足がちゃんと着くようにアンコを抜いた固めのシートとも…、
今日でお別れです。

あんまり可愛がってあげられなくてごめんね。
お別れの前にスカートだったけど記念に跨ってみました。

ここ数年は事務所の他の社員さんの所にいたので、CB400君とは本当に久しぶりに会いました。
今思うと彼に乗るようになって3~4ヶ月ぐらいで600ccのホーネット君に乗り換え、
2年ぐらいでホーネット君と入れ替わりにCB1300ccさんがやってきました。
彼女は自分の身体には見合わないぐらい大きくて重たいけど、高速や山道では非常に快適です。
そう、いちいち停止する必要がなければ最高です。
バイク免許を取り立ての頃にCB400君と走った峠の山道の苦労が嘘の様です。
ホーネット君に乗り慣れた頃に久々にCB400君に乗った事がありました。
それはまるで自転車に跨っているかの様で、軽くて細く、頼りなげで、かえって怖いとも感じた事もありました。
でも、都内の街中を走るのにはきっと小回りが利いて、一番合っていたのかも知れません。
里子に出す為に迎えに行く道すがら、数年振りに会うCB400君は1300さんに見慣れてしまった今の私からは、きっとうんと小さく感じるんだろうななんてタカをくくっていたら…

「あれ?けっこう大きく感じる…」

この1~2年、体調や天候のタイミング合わず…というか大きさに怖気づいたり、
レギュラーが始まったりして、万が一を考慮してバイクに乗るのを控えているうちに、
400君でも大きく感じる様な根性無しになってしまいました。

この先が思いやられます。筋力もっと鍛えとかなきゃ!!
でも最近激暑の夏か、寒すぎる冬ばかりで、風が気持ちいい初夏と初秋がすご~く短いですよね。。。
とまたひよっている今日この頃です。

CB400君初心者の私を支えてくれてどうも有難うございました。
新しいオーナーさんのもとで、もっともっと可愛がってもらってください。

CB400くん
スポンサーサイト
【2013/09/06 16:21】 | バイク | コメント(0)
恋するマンハッタン
ソメイヨシノはすっかり青葉の緑が鮮やかですが、我が家の近所では遅れて咲く八重桜がまだ残っています。
こんもりとした濃いピンクに、目立ち始めた葉っぱの緑が桜餅の色合いで、
なんとも可愛いらしく美味しいそうです。

すっかりお知らせが後になってしまいましたが、以前NHK教育で放送されていた
『恋するマンハッタン』の第3シーズンが、ディーライフチャンネルで4月から放送されています。
まじめで几帳面な姉バレリーと、自由奔放でお調子者の妹ホリー。
性格は正反対でも仲良し姉妹の痛快マンハッタン生活を綴るコメディー。

私は妹のホリーの声を吹き替えさせて頂いています。
8年以上前でしょうか。。。
第2シーズンの最終話では、浮気な彼に別を告げてフランス留学へと飛行機に乗るホリー。
…とその機上ではホリーを追ってその彼が目の前に…という、
なんともこの先の展開が気になり過ぎるまま、日本では放送終了となっていました。
そして長い年月を経て第3シーズン再開です。
DVDも残念ながら第1シーズンのみの発売でしたから、
これを機会に第4シーズンまでDVD化されたらいいのにな~と期待しています。

何年か振りで収録で再会したレギュラーメンバーは、何にも変わっていなくて、
そこに新メンバーも加わり、とても楽しい収録現場でした。
でもホリーとバレリー姉妹が、以前にも増して早口で姉妹喧嘩をするシーンが増えたものですから、収録開始から最終話まで、いつ舌を噛んでしまわないかと、ハラハラドキドキな収録でした。


チャンネル[ディーライフ]、月曜から金曜の毎日夕方6時からの放送です。
BSデジタルチューナーでの直接受信の他、ケーブルテレビ局、ブロードバンド放送局を通じてご覧頂けます。
ご覧になれる環境にある方は是非ご覧下さい。

*)同じ記事がフェザードの Facebook でもご覧いただけます。
【2013/05/07 15:37】 | 未分類 | コメント(1)
二輪免許取得への道その7
そうなんです。
あんな思いをして、血と汗と苦労にまみれてやっとやっと取得した普通自動二輪の免許。
これでもうこの教習所とはおさらば出来たのに。。。

マネージャーと教習所の陰謀により、険しい茨の道?への扉を開けてしまった私。。。(大袈裟?)
私の小さな身長で大型ですよっ!!大型っ!ナナハンですよっ!!

幼い頃はカッコいいヒーローになる予定でしたし、このクラスが一番大きなバイクでしたから、確かに憧れといえば憧れでしたが…
幼い頃の予定とは違って、この身長で成長が停滞したままの私です。(まだ伸びる気でいる)

400ccの教習の時に横目で見ていたナナハンは、パッと見は400㏄とあまり大差が無いように見えます。

しかし実際ハンドルを握ってみると、お、お、おおきい。。。

そして、ハンドルについているクラッチレバー&ブレーキレバーが、遠い・・・

この小さい手で400㏄の時にも苦労しましたが、750㏄ではもっと遠いんです。

指がっ!…指がっ!つりそう…

シートに跨ると…

足がっ!足がっ!つりそう…

スタンドを立てたままですが、幅のあるシートにまたがると、地面すれすれの足がバレリーナの様になっています。

随所に多々難ありだったのですが、最初の適正検査で(倒したバイクを引き起こしてスタンドをたてる)普通に起こせてしまったのですね。。。

そんな訳で、ハイっ!大型教習は当たり前に進められます。

ところがエンジンをかけて走り出すとこれが快適。快適。

タイヤも太く、車体自体の重量もあるせいか、なんというのでしょう。。。
バイク自体が安定して走行してくれているというのでしょうか…

とにかく400㏄の時より不安が無いのです。
停止してもバイク自身が自立してくれている感じがします。

そして走り慣れた教習所のコース。
ええ、ええ。卒検の数も入れると、そんじょそこらにいる他の生徒には負けてませんもん。
スイスイ~~と。

しいて言えばAT車(最近街中でよく見かける大型スクーターですね)の教習が一番怖かったでしょうか。
スクーターなので、カーブやスラロームの時に膝でタンクを締められなせいか、車体と一体感が無いのが不安なのと、車高自体は低いはずなのに、シートが巨大すぎてマニュアル車より足が地面から遠く感じました。

まるでサラブレッドから農耕馬に乗り換えたぐらいに跨った幅が違いました。
AT限定にしなくて良かった。。。と今更ながらに思いました。

そんな訳で、あれ程苦労していた中型教習がウソの様に、大型の教習は何の問題もなくあっという間にクリア。
その間にも一般道路を400㏄(ハンドルの高さを教習車と同じにしてもらった)に乗っていましたから、だいぶ体が慣れてくれた事もあると思います。

その勢いで卒検もすんなりと通り、晴れて大型免許を取得できたのであります。

ええ、あっけなく。。。

中型で諦めていなくて良かった。。。

そして最初に一般道路で乗った大型車は、マネージャーのお下がりのHONDAホーネット600㏄。
とっても乗りやすくて、その後も主にこのホーネット君にお世話になりました。


そうそう、バイクの免許を取るにあたり、マネージャーからそそのかされた(苦笑)

「ナレーションの勉強にもなるからさ」

というお話。


嘘だ~~~と思っていたのですが、実際教習を受けていくと本当にその意味が理解出来るようになったんです。
もちろん習い事、お稽古事全てにおいて、その要素は必ずあるとは思うのですが…

マイク前のお仕事。
一旦スタートのCUEが出てしまえば、視力、聴力、滑舌、思考力、感情、反射神経、運動神経などなど、そして今読んでいる文字の先、先を読みながら、あらゆる神経と技術を総動員し、集中して原稿を読み、言葉を発していかなくてはいけないお仕事。
それがバイクを運転する際にも滑舌以外は必要になってくる訳です。
バイクの運転では、そのどれかひとつでも疎かにしてしまうと、命を落とすかも知れない危険を伴う訳です。
さすがにマイク前で命の危険はありませんが。。。

ナレーションの練習の際に、以前よくマネージャーから、
「ここでミスしたら親が死ぬと思えっ!」
などとスパルタレッスンをされた事もありました。

それが実際に身の危険を感じながら、周囲にも神経を配りながらも集中し、
自ら進む道を決めコース取りをし、あらゆる操作をスピーディーに確実に行いながらカーブ、右折、左折する際にも目線を先、先に移し…と。

運転に慣れてしまえば、ここまで意識をする事ではありませんが、最初の頃はこれら全ての事をちゃんと出来なくて、こけたり、飛んだりと。。。
教習所の中のスピードなので、怪我もしませんでしたが、教習車くん達には本当に苦労をかけてしまったと思います。(特に5番君、8番君、ごめんなさい)

そんな訳で、現在では幼い頃からの憧れだった大型バイクに乗っている訳ですが、
この年齢になってから、免許取得の為の教習という機会に巡り合えた事。
人生の中で本当に良い経験となったな~~と今でも思います。

大型自動二輪の免許を取得してから早3年ぐらい経ってしまったでしょうか・・・
(どれだけブログのネタひっぱたのでしょう?ごめんなさい)
現在はマネージャーさんの陰謀でホーネット600㏄君からボルドールの1300㏄という巨大なお馬さんに乗り換えております。

ちょっと巨大過ぎて、走っている時は快適なのですが、止まる場所を選びます。
出来れば傾斜のある道では停まりたくありません。
そして、そうとうに気合と体力に自身のある日じゃないと乗れないです。
という訳でジムで体を鍛え直しているこの頃です。

【2012/10/12 19:12】 | バイク | コメント(0)
やっと受かった普通自動二輪!
ずいぶんと間をあけてしまってすみません…。
今回はまたバイクのお話です。
かなり記憶があやしくなってきているので早くブログに書かないといけませんね。




中型二輪卒検に2度も落ちてしまった私。。。


私にはもう絶対二輪の免許なんて取れないんだ・・・
教官もマネージャーもみんなみんな協力してくれたのに・・・
なんてダメな私なんだろう・・・
もう諦めようか・・・

10代や20代の頃だったら多少は覚えも良かったのかも知れない。
体力もあったかも知れない。
この年齢で二輪免許を取るには遅かったんだ。
卒検に受かっていく私以上の年齢の人は、殆どが男性で女性でもマニュアルバイクの経験がある人ばかり。。。
私なんて車はペーパー、原付ももう10年近く乗っていない。。。
所詮は無理だったんだ。。。

と、心の中に浮かんで消えるのは情けない言い訳ばかり。


もう、もう、本当に心底落ち込みましたよ。
あげくの果てには、人生この先何をやっても駄目なんじゃないだろうかというくらい、
全ての事に自信が持てなくなってしまうぐらい・・・
今思うと大袈裟ですが、本当にその時はそのくらい落ち込みました。


しかしそんな私にマネージャーが、

「次は受かるな…」

と厳然と予言者の様に言い切ったのです。

普段はあれがダメだ。こうだからダメなんだ。
気合いが足りないからだろ!集中力が足りないんだ!
といつも口うるさく言うマネージャーが、怒るでもなく慰めるでもなくたった一言。

もう次なんてあるわけ無いと思っていた私。
これが最後。これで落ちたら今後の人生全てを諦めて生きるぐらいのつもりで、
最後の検定試験を予約しました。

当日は快晴。
晴れると良い事があると思っている晴れ女の私の気分は開き直ったせいか爽快。
『必要な事はやるだけやった…』
背水の陣でした。
検定試験中は不思議と緊張する事なく(3回目ですからね…)
心地よい風の中を軽快に走って終了。

そして…
合格のハンコが押されました。

翌週、運転免許試験場で私の免許証に「普自二」の文字が追加されました。

確かその足でお世話になった教習官さんにお礼を言いに教習所まで行ったのですが、
そこでまた予期せぬ(というか、予感はしていたかな…)暴挙に出てしまったのです。

この一週間の間、いえ中型の教習の頃からマネージャーと教習官さんが一緒になって

『ハーレーに乗るつもりなら大型持たないと…』

『来年か再来年ぐらいから、大型の教習車が750ccから1300とかになるかもという話が…』

とか…

『いずれいずれって言っても、後1、2年もしたら大型教習は、体力的にも精神的にもキツイよ~』

『この勢いで取っちゃった方がいいよ!』

などなど…
と事前にトラップは張られていたのです。

「え、そうなのかな…」
などと簡単に揺れてしまう私。

その帰りに教習所の受付に行って申し込みをしました。

ハイ、大型自動二輪教習開始~~~!!!!

【2012/06/07 11:53】 | バイク | コメント(0)
ステキなクリスマス
ジャジャ~ン!!
一足早いクリスマスを堪能してきました。
といっても、仕事で街中を歩く時に、イルミネーションや飾り付けを横目で見ながら、足早に通り過ぎる日々で、ショッピングやケーキはまだありませんが…

この2週間の間、毎年恒例になったコーラス有志での子供病院での奉唱に始まり、老人ホーム奉唱、教会でのチャリティコンサートとコーラス活動が目白押しでした。

子供病院では看護師さん達が、
「子供達も毎年楽しみにしてるんですよ~」
とおっしゃって下さいます。

最初の頃は、歌っている最中に子供さん達が喜んでくれているのか、声を出しているのは何を言おうとしているのか、何も分からずただただ精一杯歌うだけでした。
年を重ねるごとに、歌が始まると子供さん達が、自分なりの表現で喜びを表してくれている事。
一緒に歌おうと体や口を懸命に動かそうとしてくれているのが分かり、その楽しそうな気持ちがジワジワと心に響いてきます。
私は毎年『雪だるま(スノーマン)』に扮装して行くのですが、こちらも嬉しくなってしまい、雪だるまの動きもどんどんオーバーアクションになってしまって、ついつい楽譜を落としてしまいます。
お家に帰ったり、家族と一緒に過ごす事もなかなか出来ない日常でしょうから、来年はもっともっと楽しんで貰える様なものを届けたいな~と今からワクワクします。
いつかは太鼓や鈴を鳴らすだけでいいから、一緒に演奏出来るといいな~と、どんどん夢が膨らみます。

そしてその10日後に伺ったのが、今回は初めて訪問させて頂く老人ホーム。
今までのホームさんとは勝手が違うかも知れないので、ちょっと不安もあったのですが、ホームの職員さんはじめ、入居者の皆さんがとても暖かく迎え入れてくださいましたので、こちらも楽しく奉唱させて頂く事が叶いました。
ホームのあちらこちらでとても綺麗で可愛いいクリスマスの飾り付けが見られました。
それらはホームにいらっしゃる方々の手作りらしく、皆さんの手先の器用さに感心してしまいました。
会場になっている食堂では、手を振って笑顔で迎えてくれる方、歌っている最中も指揮をしながら頷いてくれる方、懐かしそうに聴き入って下さる方、笑顔で一緒に歌って下さる方と、皆さんに楽しんで頂けたようでこちらもとても心が温まる時間を過ごす事が出来ました。
是非来年も、今度はもっともっとレパートリーと人数を増やして、また伺わせて頂きたいです。

そしてその翌日は池袋の小さな教会でのクリスマスチャリティコンサート。
このチャリティコンサートは今年で2回目になります。

今年は東日本大震災という大きく深い悲しみを経験しました。
そんな中で改めて感じる事が出来たのが、今まで数々の恵みをもたらしてくれた自然の大切さ、家族や周りの人との絆でした。
そんな思いを、たくさんたくさん込めて春から大事に歌ってきた『大地讃頌』をはじめ、
クリスマスの珍しい曲、おなじみの曲、そして震災の経験をプラスに変えていけるように、
防災や防犯の啓蒙を音楽と一緒に詰め込んだステージにしてみました。

去年のこのチャリティコンサートで集まった募金は、日ごろの募金と合わせ、毎年伺う子供病医に募金させて頂いていました。
今年皆さまからお預かりした募金と日ごろ「使ったつもりのペットボトル募金」と合わせ、
この震災で被災された子供達の奨学金として、全額あしなが育英会に募金させて頂く事になりました。

普段の生活からは経験出来ない、沢山の方と一緒のクリスマス。それを何回も。。。
とても幸せな時間を一足お先に楽しませて頂きました。
【2011/12/21 13:55】 | 未分類 | コメント(0)
『あらいしずか』のblog


不定期ですが、『あらいしずか』の近況をお知らせするblogです。

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
『あらいしずか』のブログへようこそ。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。