FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日でおわかれ…
写真は先日よくお世話になっているディレクターさんに里子に出す事になったCB400君に、最後に跨るの図です。

400君に初めて会った時は、重さと大きさに戸惑い…、
ウィンカーを出すのさへワタワタして…、
スパルタマネージャーの鬼の叱咤に、涙を滲ませ握りしめたグリップも…、
苦手な右折を克服する為の特訓では、「出来ないかもっ!」と一瞬迷った瞬間、ハンドルを切り損ねて転倒させてしまい、コンクリートの上に散乱したウインカーや、メーターカバーの欠片を泣きながら拾い集め…、
免許取り立て一週間で、いきなりのせられた高速で、凍えた足を暖めてくれたタンクも…、
足がちゃんと着くようにアンコを抜いた固めのシートとも…、
今日でお別れです。

あんまり可愛がってあげられなくてごめんね。
お別れの前にスカートだったけど記念に跨ってみました。

ここ数年は事務所の他の社員さんの所にいたので、CB400君とは本当に久しぶりに会いました。
今思うと彼に乗るようになって3~4ヶ月ぐらいで600ccのホーネット君に乗り換え、
2年ぐらいでホーネット君と入れ替わりにCB1300ccさんがやってきました。
彼女は自分の身体には見合わないぐらい大きくて重たいけど、高速や山道では非常に快適です。
そう、いちいち停止する必要がなければ最高です。
バイク免許を取り立ての頃にCB400君と走った峠の山道の苦労が嘘の様です。
ホーネット君に乗り慣れた頃に久々にCB400君に乗った事がありました。
それはまるで自転車に跨っているかの様で、軽くて細く、頼りなげで、かえって怖いとも感じた事もありました。
でも、都内の街中を走るのにはきっと小回りが利いて、一番合っていたのかも知れません。
里子に出す為に迎えに行く道すがら、数年振りに会うCB400君は1300さんに見慣れてしまった今の私からは、きっとうんと小さく感じるんだろうななんてタカをくくっていたら…

「あれ?けっこう大きく感じる…」

この1~2年、体調や天候のタイミング合わず…というか大きさに怖気づいたり、
レギュラーが始まったりして、万が一を考慮してバイクに乗るのを控えているうちに、
400君でも大きく感じる様な根性無しになってしまいました。

この先が思いやられます。筋力もっと鍛えとかなきゃ!!
でも最近激暑の夏か、寒すぎる冬ばかりで、風が気持ちいい初夏と初秋がすご~く短いですよね。。。
とまたひよっている今日この頃です。

CB400君初心者の私を支えてくれてどうも有難うございました。
新しいオーナーさんのもとで、もっともっと可愛がってもらってください。

CB400くん
スポンサーサイト
【2013/09/06 16:21】 | バイク | コメント(0)
二輪免許取得への道その7
そうなんです。
あんな思いをして、血と汗と苦労にまみれてやっとやっと取得した普通自動二輪の免許。
これでもうこの教習所とはおさらば出来たのに。。。

マネージャーと教習所の陰謀により、険しい茨の道?への扉を開けてしまった私。。。(大袈裟?)
私の小さな身長で大型ですよっ!!大型っ!ナナハンですよっ!!

幼い頃はカッコいいヒーローになる予定でしたし、このクラスが一番大きなバイクでしたから、確かに憧れといえば憧れでしたが…
幼い頃の予定とは違って、この身長で成長が停滞したままの私です。(まだ伸びる気でいる)

400ccの教習の時に横目で見ていたナナハンは、パッと見は400㏄とあまり大差が無いように見えます。

しかし実際ハンドルを握ってみると、お、お、おおきい。。。

そして、ハンドルについているクラッチレバー&ブレーキレバーが、遠い・・・

この小さい手で400㏄の時にも苦労しましたが、750㏄ではもっと遠いんです。

指がっ!…指がっ!つりそう…

シートに跨ると…

足がっ!足がっ!つりそう…

スタンドを立てたままですが、幅のあるシートにまたがると、地面すれすれの足がバレリーナの様になっています。

随所に多々難ありだったのですが、最初の適正検査で(倒したバイクを引き起こしてスタンドをたてる)普通に起こせてしまったのですね。。。

そんな訳で、ハイっ!大型教習は当たり前に進められます。

ところがエンジンをかけて走り出すとこれが快適。快適。

タイヤも太く、車体自体の重量もあるせいか、なんというのでしょう。。。
バイク自体が安定して走行してくれているというのでしょうか…

とにかく400㏄の時より不安が無いのです。
停止してもバイク自身が自立してくれている感じがします。

そして走り慣れた教習所のコース。
ええ、ええ。卒検の数も入れると、そんじょそこらにいる他の生徒には負けてませんもん。
スイスイ~~と。

しいて言えばAT車(最近街中でよく見かける大型スクーターですね)の教習が一番怖かったでしょうか。
スクーターなので、カーブやスラロームの時に膝でタンクを締められなせいか、車体と一体感が無いのが不安なのと、車高自体は低いはずなのに、シートが巨大すぎてマニュアル車より足が地面から遠く感じました。

まるでサラブレッドから農耕馬に乗り換えたぐらいに跨った幅が違いました。
AT限定にしなくて良かった。。。と今更ながらに思いました。

そんな訳で、あれ程苦労していた中型教習がウソの様に、大型の教習は何の問題もなくあっという間にクリア。
その間にも一般道路を400㏄(ハンドルの高さを教習車と同じにしてもらった)に乗っていましたから、だいぶ体が慣れてくれた事もあると思います。

その勢いで卒検もすんなりと通り、晴れて大型免許を取得できたのであります。

ええ、あっけなく。。。

中型で諦めていなくて良かった。。。

そして最初に一般道路で乗った大型車は、マネージャーのお下がりのHONDAホーネット600㏄。
とっても乗りやすくて、その後も主にこのホーネット君にお世話になりました。


そうそう、バイクの免許を取るにあたり、マネージャーからそそのかされた(苦笑)

「ナレーションの勉強にもなるからさ」

というお話。


嘘だ~~~と思っていたのですが、実際教習を受けていくと本当にその意味が理解出来るようになったんです。
もちろん習い事、お稽古事全てにおいて、その要素は必ずあるとは思うのですが…

マイク前のお仕事。
一旦スタートのCUEが出てしまえば、視力、聴力、滑舌、思考力、感情、反射神経、運動神経などなど、そして今読んでいる文字の先、先を読みながら、あらゆる神経と技術を総動員し、集中して原稿を読み、言葉を発していかなくてはいけないお仕事。
それがバイクを運転する際にも滑舌以外は必要になってくる訳です。
バイクの運転では、そのどれかひとつでも疎かにしてしまうと、命を落とすかも知れない危険を伴う訳です。
さすがにマイク前で命の危険はありませんが。。。

ナレーションの練習の際に、以前よくマネージャーから、
「ここでミスしたら親が死ぬと思えっ!」
などとスパルタレッスンをされた事もありました。

それが実際に身の危険を感じながら、周囲にも神経を配りながらも集中し、
自ら進む道を決めコース取りをし、あらゆる操作をスピーディーに確実に行いながらカーブ、右折、左折する際にも目線を先、先に移し…と。

運転に慣れてしまえば、ここまで意識をする事ではありませんが、最初の頃はこれら全ての事をちゃんと出来なくて、こけたり、飛んだりと。。。
教習所の中のスピードなので、怪我もしませんでしたが、教習車くん達には本当に苦労をかけてしまったと思います。(特に5番君、8番君、ごめんなさい)

そんな訳で、現在では幼い頃からの憧れだった大型バイクに乗っている訳ですが、
この年齢になってから、免許取得の為の教習という機会に巡り合えた事。
人生の中で本当に良い経験となったな~~と今でも思います。

大型自動二輪の免許を取得してから早3年ぐらい経ってしまったでしょうか・・・
(どれだけブログのネタひっぱたのでしょう?ごめんなさい)
現在はマネージャーさんの陰謀でホーネット600㏄君からボルドールの1300㏄という巨大なお馬さんに乗り換えております。

ちょっと巨大過ぎて、走っている時は快適なのですが、止まる場所を選びます。
出来れば傾斜のある道では停まりたくありません。
そして、そうとうに気合と体力に自身のある日じゃないと乗れないです。
という訳でジムで体を鍛え直しているこの頃です。

【2012/10/12 19:12】 | バイク | コメント(0)
やっと受かった普通自動二輪!
ずいぶんと間をあけてしまってすみません…。
今回はまたバイクのお話です。
かなり記憶があやしくなってきているので早くブログに書かないといけませんね。




中型二輪卒検に2度も落ちてしまった私。。。


私にはもう絶対二輪の免許なんて取れないんだ・・・
教官もマネージャーもみんなみんな協力してくれたのに・・・
なんてダメな私なんだろう・・・
もう諦めようか・・・

10代や20代の頃だったら多少は覚えも良かったのかも知れない。
体力もあったかも知れない。
この年齢で二輪免許を取るには遅かったんだ。
卒検に受かっていく私以上の年齢の人は、殆どが男性で女性でもマニュアルバイクの経験がある人ばかり。。。
私なんて車はペーパー、原付ももう10年近く乗っていない。。。
所詮は無理だったんだ。。。

と、心の中に浮かんで消えるのは情けない言い訳ばかり。


もう、もう、本当に心底落ち込みましたよ。
あげくの果てには、人生この先何をやっても駄目なんじゃないだろうかというくらい、
全ての事に自信が持てなくなってしまうぐらい・・・
今思うと大袈裟ですが、本当にその時はそのくらい落ち込みました。


しかしそんな私にマネージャーが、

「次は受かるな…」

と厳然と予言者の様に言い切ったのです。

普段はあれがダメだ。こうだからダメなんだ。
気合いが足りないからだろ!集中力が足りないんだ!
といつも口うるさく言うマネージャーが、怒るでもなく慰めるでもなくたった一言。

もう次なんてあるわけ無いと思っていた私。
これが最後。これで落ちたら今後の人生全てを諦めて生きるぐらいのつもりで、
最後の検定試験を予約しました。

当日は快晴。
晴れると良い事があると思っている晴れ女の私の気分は開き直ったせいか爽快。
『必要な事はやるだけやった…』
背水の陣でした。
検定試験中は不思議と緊張する事なく(3回目ですからね…)
心地よい風の中を軽快に走って終了。

そして…
合格のハンコが押されました。

翌週、運転免許試験場で私の免許証に「普自二」の文字が追加されました。

確かその足でお世話になった教習官さんにお礼を言いに教習所まで行ったのですが、
そこでまた予期せぬ(というか、予感はしていたかな…)暴挙に出てしまったのです。

この一週間の間、いえ中型の教習の頃からマネージャーと教習官さんが一緒になって

『ハーレーに乗るつもりなら大型持たないと…』

『来年か再来年ぐらいから、大型の教習車が750ccから1300とかになるかもという話が…』

とか…

『いずれいずれって言っても、後1、2年もしたら大型教習は、体力的にも精神的にもキツイよ~』

『この勢いで取っちゃった方がいいよ!』

などなど…
と事前にトラップは張られていたのです。

「え、そうなのかな…」
などと簡単に揺れてしまう私。

その帰りに教習所の受付に行って申し込みをしました。

ハイ、大型自動二輪教習開始~~~!!!!

【2012/06/07 11:53】 | バイク | コメント(0)
二輪免許取得への道その6
「あっ!」

と空中を飛び
中型自動二輪の卒業検定に落ちてしまった私。。。
再度チャレンジするには、規定の教習を受けなくてはいけません。
幸い教習にあたってくれたのは、ダメダメな私を最初から指導してくれていた優しく丁寧に教えてくれる教官でした。

今回の急制動の失敗は、加速の仕方に問題があったのです。
シフトチェンジをもっと早く行って、早いうちに40キロまで加速し、急制動開始位置まで軽く流した状態で、落ち着いてブレーキ操作を行うという事を、徹底して練習させてくれました。

その最中、既に大型教習に入っているマネージャが波状路(ボコボコの波状のコースをシートから立ち上がって走る)をガコンガコンいわせながら走行しているのを横目に

『すぐにあらいさんもあのコース走れるようになりますよ!』

と背中を叩かれました。

「えっ!?波状路って大型のコースですよね?」

中型の卒検落ちたばかりだというのに、大型なんて。。。(営業熱心ですね…)

苦笑いをしてごまかします。

優しい教官と鬼の様なマネージャの補習を受け、二度目の卒検に臨みます。

卒検の日は朝から小雨が降ったり止んだり…。
激しい雨なら検定は中止になりますが、少しぐらいの雨なら実際の悪天候に備えて実行されます。
早く卒業してしまいたい気持ちと、大雨が降って中止になって欲しい気持ちが入り乱れる中、順番を待ちます。

幸か不幸か、私の番が来るまでには雨は止み、路面も少しずつ乾き始めています。
でも…
この微妙に湿っている路面の時が一番ブレーキかけると危ないのよね。。。
と、1度目の急制動の失敗を思い起こしてしまいます。
あれは、緊張して自分の速度が分かっていなかっただけ。
シフトチェンジを速やかにして落ち着いて行えば、他のポイントは何度も練習やシュミレーションを行って上手くいってたじゃない。。。

大丈夫。
大丈夫。
舞台と同じ。
走り出してニッコリ笑えば緊張も解けるよ。

己に暗示をかけ2回目の検定に出発です。

と…

いつも乗っている教習車より、クラッチレバーの位置が少し遠い様に感じました。
スロットルもいつもより回さないと動力が伝わっていないような…

(う…ううう…まずいぞ!。。。
いやいやこのくらいで怖気づいてはいかん。
大丈夫。大した事じゃないって)

そう自分に言い聞かせながら、進路を進めます。
心のざわつき以外はむしろ快適な滑り出しだったはずです。

が…

クランクに入ってすぐのシフトチェンジとウィンカーチェンジに指が間に合わない一瞬っ!

「あっ!!」

狭いコーナーを曲がり切れず・・・


その時校舎二階の窓から様子を見ていたマネージャの話しによると、ひとつ目のクランクを曲がってやって来た私が二つ目のクランクを曲がったと思った時、両手をあげてバイクから綺麗な孤を描いて横の垣根にダイブしていったそうです。
それはもう、面白いぐらいにマンガの様な落ち方だったと。。。。

急制動どころか、こんな始めの方で失敗とは…。
という訳でまたまた車体を起こして、乗りなおし、今回も最後まで走らせてもらいまして、他はほぼ減点は無いまま。

落第!!!終了~。。。(ToT)/~~~





【2011/10/27 19:03】 | バイク | コメント(0)
二輪免許取得への道その5
ついこの前まで、立っているだけで汗が吹き出してくる暑さだったのに、今はすっかり秋風が吹いて、朝も涼しさで目が覚めるようになりました。
バイクで遠出するにはとてもいい季節ですね。。。


そういえば先日免許証の更新に行って参りました。
学生の時に取得した普通自動車免許…
それ以来全くと言っていい程運転していませんから、ゴールド免許です。
(手続きは早くて楽でした)


さてさてバイク日記の続きを進めないと。

さぁ、がんばるゾっ!

それでは二輪の免許はどうなったかといいますと…

1段階の始めでは、教習官を悩ます問題児だった私ですが、ひとつひとつ難題をクリアしてからというもの、気持ちも強くなり、わりとスムーズに教習課程は進みましていよいよ卒業検定を迎えるまでになりました。
(いや~ここまで長かった…)

しかし卒業検定では、的確な操作と安全確認動作が伴う運転に、その日その場で告げられるコースの指定があります。
二輪車は検定も教習所の中で行われるので、一般道を走る事はありません。
何度となく回っているコースでも、教習官により走るコースが違っていたので混乱してしまうのです。
記憶をリセットして検定の為の2種類のコースを覚えなくてはいけません。
今まで時々出し忘れていたウィンカーも決められたポイントで出さなくてはなりません。
コース地図に矢印で経路を書き出し、それぞれのポイントで行う動作やシフトチェンジ、速度などを書き込んで指でたどります。

ある時は椅子を反対にしてバイクに見立て、ある時はマネージャを後ろ手にしてバイクに見立て、ある時は電車の中でひとり…

≪後方確認…スタンドはずす…またがる…ミラーを合わせてエンジンかける…右ウィンカー出して、ローにして後方確認…発進…二速…一時停止…左後方確認…右折……≫

目をつむり、声に出して歌の様に何回も繰り返しイメージトレーニングしました。
はたから見ると、大の大人がライダーごっこをしてブツブツ呟いているという、かなり怪しい姿だったと思います。

そして本番の日。。。
コースはどちらを指定されても完璧。
平均台走行もスラロームもこれまで時間内に順調に通過してきました。

でも…
私、舞台でも初日は力が入り過ぎて、とんでもない失敗をしてしまう事があります。
(後で必要な小道具を違う所に片づけてしまったり…)
普通自動車の卒業検定で、助手席の試験官に先にブレーキを踏まれてしまった嫌な記憶までよみがえりました。

『今回は慎重にいけば大丈夫。走ってるのは私一人』

コースが分からなくなったら後ろの試験官に聞いても良いらしいし…
順番を待つ間、緊張で強張る私の顔を、マネージャがアップで写真に収めます。
すごい恐い顔してると思う…

いよいよ順番が来ました。
年配の優しそうな試験官。

『よかった~~(^◇^)』

一気に緊張がほぐれた様な気がしました。
順調な滑り出しです。
最初の難関、S字カーブに入るまでの左折も大周りする事無く(あまり大きく回ると減点対象になります)、狭いクランクの中で、シフトチェンジからウィンカーの忙しい切り替えもスムーズに、脱輪したり、コーンに当たる事無く切り抜けました。
(小さい手でこの一連の操作と制御は結構大変なのです)

この後は今までの自分に取って、それ程難しいものは無いようにも思えました。

しかし…急制動(停止から3速にチェンジして40キロまで加速をし、決められた場所でブレーキをかけ、決められた場所までに止まる動作)での事。。。

3速に入れてスロットルを回しているのに、なかなか40kmまで上がってくれない。

『まだ? まだ…?』

メーターの針が全然動いていないように感じました。
メーターも確認しなくちゃいけないし、急制動区間開始位置を示すパイロンも確認しなくちゃいけないし、そうこうしているうちにすぐにパイロンが目の前に…
なんとかブレーキは間に合ったと感じたのですが。。。

『あっ!』という間に私の体は宙に舞いアスファルトの上にポンっと。。。
バイクはその場にガシャーンと。。。

試験官が慌てて駆けつけ、

「大丈夫か? 怪我無いか?」と…

何が起こったか一瞬分からなかった私は、心配されたらいけないと思って、満面の笑顔で

「ハイ!大丈夫ですっ!」

と言って飛び起き、バイクを起こしました。

「……う、うん。。。じゃ…先に進めて良いよ。。。」

私のあまりにもの笑顔に気圧されるように試験官はうながしてくれました。
本来なら試験中止になるところだったのに最後までコースを走らせてくれたのです。

試験が終わって結果を呼び出されるまで、愚かにも一縷の望みを抱いていた私ですが、そんな甘い訳ありません。

試験官に個室に呼び出されると、最初にすごく心配されましたが、

「あんな見事なコケ方見たのは久しぶりですよ」

と笑われました。(打ち身も、傷もありませんでした)

「でも何キロ出ていたか分かりますか?」

「なかなか40キロまで出なくて出なくて…」

「70キロ以上出ていましたよ。
そこへ急ブレーキかけたから、タイヤがロックしてしまったんですね。
本当に危険ですから気をつけて下さいね。
今までちゃんと出来ていたのにね…」

『ウソ!だってメーターが30キロから全然上がってくれなくて…』

そんな訳は無いんです。
何を言っても後のまつり…つまりは落第。。。

そうです。
ここからまた私の試練の日々は始まるのです。
【2011/09/27 16:04】 | バイク | コメント(0)
『あらいしずか』のblog


不定期ですが、『あらいしずか』の近況をお知らせするblogです。

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
『あらいしずか』のブログへようこそ。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。