FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
梅に鶯
大人になって随分経ってから判明した事です。
今ぐらいの時期でしょうか。。。
膨らみかけた梅の蕾に見かける緑色の小鳥を、大分長い間ウグイスだと勘違いしていました。

鮮やかな、いわゆるウグイス色した緑で、雀より小ぶりで、足が細くて。。。
でも声は分からないので勝手にウグイスだと思い込んでいたのですが、
よく想い返してみれば、小粒でクリッとした目の周りは、白く縁取られていて。。。
その鳥がメジロだったという事実を、

『わぁ~い!ウグイスだよっ!』
『ウグイス見たよ!』

と…
毎年喜んで春を待ちながら何回すごしたでしょう。。。

そう、ウグイスって本当はそんなに鮮やかな緑色はしてないんですよね。
目もメジロみたいにクリっとはしていないし、声ばかりで、そうそう姿を見られるものでも無いらしいのです。


ところがこの前、ポカポカと日差しが暖かい昼間、塀の上で日向ぼっこをしているにゃんこさんに呼び止められて、話をしてると、横の椿の枝の中で、ガサガサ動く小さな物体を発見しました。

静かに凝視していると、今までウグイスと勘違いしていたメジロの緑よりは色が鈍く、
もう少し茶色がかった小ぶりの小鳥が、ガサガサ、パサパサ枝の中を動きまわっています。
今度は注意深く目の周りを見てみますが、白く無い。。。

やった~!!!

今度こそホンモノのウグイスっ!?

絶対の確信は持てないのですが。。。

ウグイスかメジロかどちらか写真を撮って皆さんに聞いてみたかったのですが、普段写真を撮る習慣が無いものですから、結局この時も撮影していません。

もっと春先になれば、声だけでも聞こえてきたり、近くを通りかかれば、
まだ上手に「ほーほけきょ」と鳴けないこどものウグイスの声なんかも聞こえてくるはずなんでよね。


そんな春を待つ視線の先にはもう白梅が満開でした。
が、その枝には何もいませんでした。
そして、白梅の写真も撮っていません。
ごめんなさい。機会があったら、今度アップしてみますね。

スポンサーサイト
【2008/02/18 19:15】 | 未分類 | コメント(1)
スカッシュ!
今年の始めにテニスを初体験して以来、スカッシュに行くようになりました。

以前からジムにスカッシュコートがあるのは知っていたのですが、
ちゃんとレッスンした人達しか入れないんじゃないかしらん?なんて、
どうやって始めて良いのか分からないまま、コートを横目に素通りしていました。

でもテニスで火がついてしまったみたいです。
夏ちゃんと誘い合わせて『スカッシュにも挑戦してみようっ!』
という事で、ジムのスカッシュコートを予約してみました。

CMとかテレビ映像で見たスカッシュは、音も大きくてスピードもあって、
危険そうなイメージを持っていました。
なので最初はちょっと怖かったのです。。。

みなさん、ご存知でした?
スカッシュのボールってピンポン玉ぐらいの大きさで、
少し硬いスポンジ状のゴムで出来てるんですよ?

でもこのボールが全然弾まないのです。。

受付でそのゴムボールを渡された時は、
その小ささと柔らかさに、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

でもこのボールがくせ者で、ちゃんとした所に当てないと、
全然はね返ってきてくれないんです。
とにかくあんな狭いコートなのに、ボールを追いかけるのに必死になります。
5分も打ち合っていると(といっても2,3回続けば良い方ですが…)汗びっしょりです。

やっと少しはラリー?出来そうな予感がしてきたので、
夏ちゃんには内緒で一人で特訓してみようかなと思っています。

あ、でも本当のスカッシュのルール通りにはプレイしていないので、
まずはルール通りにプレイ出来るようになるのが先ですね。。。

何でもトライしてみると楽しい発見があるものですね。。。
荒井静香でした。
【2008/02/06 14:27】 | 未分類 | コメント(0)
『あらいしずか』のblog


不定期ですが、『あらいしずか』の近況をお知らせするblogです。

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
『あらいしずか』のブログへようこそ。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。