FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
二輪免許取得への道その7
そうなんです。
あんな思いをして、血と汗と苦労にまみれてやっとやっと取得した普通自動二輪の免許。
これでもうこの教習所とはおさらば出来たのに。。。

マネージャーと教習所の陰謀により、険しい茨の道?への扉を開けてしまった私。。。(大袈裟?)
私の小さな身長で大型ですよっ!!大型っ!ナナハンですよっ!!

幼い頃はカッコいいヒーローになる予定でしたし、このクラスが一番大きなバイクでしたから、確かに憧れといえば憧れでしたが…
幼い頃の予定とは違って、この身長で成長が停滞したままの私です。(まだ伸びる気でいる)

400ccの教習の時に横目で見ていたナナハンは、パッと見は400㏄とあまり大差が無いように見えます。

しかし実際ハンドルを握ってみると、お、お、おおきい。。。

そして、ハンドルについているクラッチレバー&ブレーキレバーが、遠い・・・

この小さい手で400㏄の時にも苦労しましたが、750㏄ではもっと遠いんです。

指がっ!…指がっ!つりそう…

シートに跨ると…

足がっ!足がっ!つりそう…

スタンドを立てたままですが、幅のあるシートにまたがると、地面すれすれの足がバレリーナの様になっています。

随所に多々難ありだったのですが、最初の適正検査で(倒したバイクを引き起こしてスタンドをたてる)普通に起こせてしまったのですね。。。

そんな訳で、ハイっ!大型教習は当たり前に進められます。

ところがエンジンをかけて走り出すとこれが快適。快適。

タイヤも太く、車体自体の重量もあるせいか、なんというのでしょう。。。
バイク自体が安定して走行してくれているというのでしょうか…

とにかく400㏄の時より不安が無いのです。
停止してもバイク自身が自立してくれている感じがします。

そして走り慣れた教習所のコース。
ええ、ええ。卒検の数も入れると、そんじょそこらにいる他の生徒には負けてませんもん。
スイスイ~~と。

しいて言えばAT車(最近街中でよく見かける大型スクーターですね)の教習が一番怖かったでしょうか。
スクーターなので、カーブやスラロームの時に膝でタンクを締められなせいか、車体と一体感が無いのが不安なのと、車高自体は低いはずなのに、シートが巨大すぎてマニュアル車より足が地面から遠く感じました。

まるでサラブレッドから農耕馬に乗り換えたぐらいに跨った幅が違いました。
AT限定にしなくて良かった。。。と今更ながらに思いました。

そんな訳で、あれ程苦労していた中型教習がウソの様に、大型の教習は何の問題もなくあっという間にクリア。
その間にも一般道路を400㏄(ハンドルの高さを教習車と同じにしてもらった)に乗っていましたから、だいぶ体が慣れてくれた事もあると思います。

その勢いで卒検もすんなりと通り、晴れて大型免許を取得できたのであります。

ええ、あっけなく。。。

中型で諦めていなくて良かった。。。

そして最初に一般道路で乗った大型車は、マネージャーのお下がりのHONDAホーネット600㏄。
とっても乗りやすくて、その後も主にこのホーネット君にお世話になりました。


そうそう、バイクの免許を取るにあたり、マネージャーからそそのかされた(苦笑)

「ナレーションの勉強にもなるからさ」

というお話。


嘘だ~~~と思っていたのですが、実際教習を受けていくと本当にその意味が理解出来るようになったんです。
もちろん習い事、お稽古事全てにおいて、その要素は必ずあるとは思うのですが…

マイク前のお仕事。
一旦スタートのCUEが出てしまえば、視力、聴力、滑舌、思考力、感情、反射神経、運動神経などなど、そして今読んでいる文字の先、先を読みながら、あらゆる神経と技術を総動員し、集中して原稿を読み、言葉を発していかなくてはいけないお仕事。
それがバイクを運転する際にも滑舌以外は必要になってくる訳です。
バイクの運転では、そのどれかひとつでも疎かにしてしまうと、命を落とすかも知れない危険を伴う訳です。
さすがにマイク前で命の危険はありませんが。。。

ナレーションの練習の際に、以前よくマネージャーから、
「ここでミスしたら親が死ぬと思えっ!」
などとスパルタレッスンをされた事もありました。

それが実際に身の危険を感じながら、周囲にも神経を配りながらも集中し、
自ら進む道を決めコース取りをし、あらゆる操作をスピーディーに確実に行いながらカーブ、右折、左折する際にも目線を先、先に移し…と。

運転に慣れてしまえば、ここまで意識をする事ではありませんが、最初の頃はこれら全ての事をちゃんと出来なくて、こけたり、飛んだりと。。。
教習所の中のスピードなので、怪我もしませんでしたが、教習車くん達には本当に苦労をかけてしまったと思います。(特に5番君、8番君、ごめんなさい)

そんな訳で、現在では幼い頃からの憧れだった大型バイクに乗っている訳ですが、
この年齢になってから、免許取得の為の教習という機会に巡り合えた事。
人生の中で本当に良い経験となったな~~と今でも思います。

大型自動二輪の免許を取得してから早3年ぐらい経ってしまったでしょうか・・・
(どれだけブログのネタひっぱたのでしょう?ごめんなさい)
現在はマネージャーさんの陰謀でホーネット600㏄君からボルドールの1300㏄という巨大なお馬さんに乗り換えております。

ちょっと巨大過ぎて、走っている時は快適なのですが、止まる場所を選びます。
出来れば傾斜のある道では停まりたくありません。
そして、そうとうに気合と体力に自身のある日じゃないと乗れないです。
という訳でジムで体を鍛え直しているこの頃です。

スポンサーサイト
【2012/10/12 19:12】 | バイク | コメント(0)
<<恋するマンハッタン | ホーム | やっと受かった普通自動二輪!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

『あらいしずか』のblog


不定期ですが、『あらいしずか』の近況をお知らせするblogです。

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
『あらいしずか』のブログへようこそ。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。